FC2ブログ

記事一覧

ピアノ解体ショー

きのう10月6日は、神戸のダイヤ通音楽ホールに入った新しいピアノ “friedrich GROTRIAN”(フリードリッヒ・グロトリアン)のお披露目会でした。ホールのオーナーさんが企画した当初は、内々でひっそり開催する予定でしたが、このピアノの輸入元である大阪の丸一商店から、社長さんほかもお越しいただき、ピアノ好きのみなさんも大勢集まってくださって、とてもにぎやかな夜になりました。
 
お披露目は、わたしのベートーヴェン「悲愴ソナタ」演奏で始まり、丸一商店社長の磻田光一(ばんだ・こういち)さんとピアノ調律師の松下雅秀さんには、グロトリアンの歴史やスタインウェイとの関係など、日本ではあまり知られていない興味深いお話までしていただきました。
 
そしてそのあとは、ピアノの解体ショー。鍵盤蓋、上前板、最後には鍵盤下の前板(下前板)と順番に外していき、ピアノをハダカにした状態での音を、実際の曲を演奏しながら聴いていただきました。すると、まるでグランドピアノのような、とても豊かな音になりました。お話のあとは、普段見ることができないピアノの内部にみなさん興味津々で、次から次へといろんな質問が飛び出しました。
 
これで新しいピアノもホールの仲間入りができて、ますます素敵な音を醸し出してくれるように思います。ありがとうございました。
 
そして、あした10月8日は姫路へ行きます。ピアノではなくチェンバロ講座の修了演奏会。立派なホールの立派なチェンバロで、バッハのプレリュード変ホ長調BWV998/1を演奏させていただきます♫